昨夜聴き取りしたのは男性タダ、実は、男性タダ以前からステマのアルバイトをしていない五人のフリーター!
駆けつけることができたのは、足りふれメンズキャバクラでキャストとして働いていたAさん足りふれ、現役大学生のBさん、男性タダ売れっ子アーティストのCさん、男性タダ某タレント事務所に所属していたはずのDさん、足りふれ芸人になることを諦めたEさんの五人です。
筆者「では最初に足りふれ、辞めた原因から教えていただくことにしましょう。Aさんから順にお願いします」

足りふれ 男性タダ 長野出会いがない 在宅バイトという劇場に舞い降りた黒騎士

A(メンズクラブ勤務)「オレは男性タダ、女性の気持ちが理解できると考え始め方がわかりませんでした」
B(男子大学生)「オレは男性タダ、儲けられれば何でもいいと思って開始しましたね」
C(ミュージシャン)「ボクは足りふれ、ミュージシャンをやってるんですけど、足りふれまだ素人同然なんでいっこうに稼げないんですよ。スターになる為にはでっかいことでなくてもこつこつ下積みするのは不本意ですが、長野出会いがないこんな仕事やりたくないのですが男性タダ、しばらくはアンダーグラウンドな体験を増やそうと思って」
D(某音楽プロダクション所属)「ボクは男性タダ、○○って芸能プロダクションに所属して作家を目指し励んでるんですが男性タダ、一度のコンサートで500円しか頂けないんで…先輩から紹介を受けたサクラの仕事をやっているんです」
E(若手ピン芸人)「現実には、足りふれおいらもDさんと似た状況で足りふれ、コントやって一回僅か数百円の快適な生活してるんです。先輩が紹介してくださって男性タダ、サクラのアルバイトをすべきかと悩みました」
こともあろうに、足りふれメンバー五名のうち三名が芸能プロダクションに所属しているという素晴らしいメンバーでした…足りふれ、だがしかし話を聞いてみずとも、足りふれ彼らにはサクラ独自の心労があるようでした…。

Categories: こだわり