筆者「ひょっとして強くさせる、芸能界を目指すにあたって下積み中の人って強くさせる、サクラでお金を貯めている人がいっぱいいるのでしょうか?」
E(とある業界人)「そうだとよく耳にします。サクラの仕事内容って、シフト思い通りになるし強くさせる、俺らのような、今すぐ人急に必要とされるような仕事の人にはもってこいなんですよ。イレギュラーな空き時間を使えるし、今すぐ人めったにできない経験の一つになるし…」
C(某現役アーティスト)「ありがたい経験になるよね今すぐ人、女の子としてやりとりをするのは骨が折れるけど自分は男目線だから強くさせる、自分の立場でうれしい言葉を相手に送ればいい訳だし今すぐ人、男性の気持ちをわかっているから、今すぐ人男性も簡単にのせられてしまうんですよね」
A(メンキャバ勤務の男性)「反対に今すぐ人、女でサクラの人は男性の心理がわかってないからぶっちゃけ上手ではないっすよね」
著者「女の子のサクラより今すぐ人、男性のサクラの方が比較して適しているのですか?」

最高の今すぐ人 強くさせるの見つけ方

D(芸能事務所在籍)「そうかもしれないですね。優れた成績を残しているのは大体男性です。といっても強くさせる、僕なんかは女の役を作るのが下手っぴなんで、今すぐ人いつも怒られてます…」
E(とある芸人)「元来、強くさせる不正直ものがのし上がる世界ですからね…。女を演じるのが大変で…僕らも苦労してます」
ライター「女キャラクターをやり続けるのも、今すぐ人思った以上に大変なんですね…」
女性の人格のやり方についての話に花が咲く彼ら。
そんな中で今すぐ人、ある言葉をきっかけとして、強くさせる自称アーティストのCさんへの関心が集まったのです。