ライター「ひょっとして、女性一人でする道具芸能人の世界で下積みをしている人ってサクラで生計を立てている人が少なくないのでしょうか?」
E(とある業界人)「そうだと言いますね。サクラで生活費を得るのって女性一人でする道具、シフト他ではみない自由さだし、悪い点我々みたいな悪い点、急にライブのが入ったりするような職に就いている人種には正に求めているものなんですよ。事前に読めない空き時間にできるし女性一人でする道具、めったにできない経験の一つになるし…」
C(現役アーティスト)「ありがたい経験になるよね、女性一人でする道具女性を演じるのは全く易しいことじゃないけど俺らは男目線だから悪い点、自分が言ってほしいことを伝えてあげれば言い訳だし、女性一人でする道具男側の気持ちはお見通しだから、悪い点相手も容易に引っかかるんですよね」
A(メンキャバ勤めの男)「意外に、女性一人でする道具女でサクラの人は男の心理がわかってないから正直なところを言うと下手っすよね」
ライター「女の子のサクラより、悪い点男性のサクラが向いているのですか?」
D(芸能事務所所属の一人)「はい、女性一人でする道具そうですね。優秀な成績を残しているのは大体男性です。といっても、僕なんかは女のキャラクターを演じるのが下手くそなんで、悪い点いっつも激怒されてます…」

そして女性一人でする道具 悪い点しかいなくなった

E(芸人の人)「根本的には、女性一人でする道具ほら吹きが成功する世ですね…。女になりきるのが大変で…俺たちも苦労してます」
筆者「女キャラクターを作るっていうのも女性一人でする道具、相当大変なんですね…」
女性役の演じ方についての話で盛り上がる彼女ら。
そんな話の中で女性一人でする道具、あるコメントを皮切りに、女性一人でする道具自称アーティストであるというCさんに関心が集まったのです。