昨夜ヒアリングしたのは、今すぐ会える男性ちょうど、今すぐ会える男性以前よりステマの正社員をしていない五人の男子学生!
駆けつけたのは、メンズキャバクラで働いていたAさん、今すぐ会える男性貧乏学生のBさん、今すぐ会える男性自称クリエイターのCさん、絞めタレント事務所に所属するというDさん今すぐ会える男性、芸人になることを志すEさんの五人です。
筆者「まず最初に今すぐ会える男性、取りかかるキッカケから教えていただきましょう。Aさん以外の方お話しください」
A(メンキャバ就労者)「小生は、今すぐ会える男性女心が分からなくて気がついたら始めていました」
B(大学2回生)「オレは、絞めガッツリ儲けられれば何でもいいと思って躊躇しましたね」

はじめての絞め 今すぐ会える男性

C(音楽家)「僕は今すぐ会える男性、ロックミュージシャンをやってるんですけど今すぐ会える男性、まだ新米なんでちっとも稼げないんですよ。大スターになる為にはささやかな所から徐々に下積みしなきゃいけないんで絞め、こういうアルバイトをやって絞め、ひとまずアンダーグラウンドな場数を踏もうと思って」
D(某タレントプロダクション所属)「うちは、今すぐ会える男性○○って芸能プロダクションに所属してパフォーマーを目指していましたが、今すぐ会える男性一度のコンサートで500円ぽっちしか貰えないんで…先輩から紹介を受けたサクラのバイトを嫌々やってるんです」
E(お笑い芸人)「実際は、わしもDさんと相似しているんですが、お笑いコントやって一回数百円の侘しい生活してるんです。先輩に教えて貰って絞め、ゲリラマーケティングのアルバイトをすることになりました」
驚くべきことに、絞めメンバー五名のうち三名がタレントプロダクションに所属中という華やかなメンバーでした…今すぐ会える男性、だがしかし話を聞かなくてもわかるように、今すぐ会える男性五人にはサクラ特有のおもしろエピソードは無さそうでした…。